やっぱり!ルンゲが自ら転んで「暴行」!






[PR]



2006年11月30日(Thu)
やっぱり!ルンゲが自ら転んで「暴行」!
昨日午前10時前、警視庁公安一課が法政大学正門前から突入、本館876教室に数十人で踏み込み3名の学生を逮捕した。真実はひとつ。久木野君・友部君(停学中)に対する、退学処分に向けた事情聴取(本日!)の前日の逮捕だ。処分反対をビラまきで訴えていた学生の逮捕だ! 法学部教授会はこれを認めるのか。退学処分を出すのか! 本日事情聴取で徹底追及するぞ! みんな集まってください!

ルンゲが勝手に転んで「暴行」

3人の内1人を公安デカは「暴行、傷害の疑い」などと主張している。法大当局は告示で「警備員に暴力行為を行い、けがを負わせ逃亡」などとぬかしている。しかし事実はこうだ。逮捕された学生は、
入校の際に立ちはだかってきたルンゲを大きく回ってよけた。歩いていると後ろで「ガチャン」と音がし、見るとルンゲが転んでいた。2人の距離なんと10〜15m。身体も触れていない。逮捕された学生は「階段で転んだのだろうか」と思ったというのだ。
ルンゲはついに正体を現した。ビラまきを弾圧するためなら事件すら捏造する、公安警察の送り込んだ転び屋だ!









だいたいにしてルンゲが「被害者」などふざけきっている。暴行をはたらき、学生をビデオで盗撮してきたのはルンゲではないか。「退学になるぞ」と学生を恐喝までしている。

あとの2人の逮捕は「建造物侵入」。全く話にならない。学外者が入って何が悪い。彼らは友達の処分に反対してビラをまいていただけだ。ガードマン諸君、君たちこそ学外者ではないか。学生は誰も認めていない。ただちに出ていったらどうなのだ。学生を守るどころか警察に売り渡し、自らも暴力をふるい、平林を守る。こんなガードマンこそ不法ではないか! 3人は全くの無実だ。ただちに釈放しろ!

教室にまで土足で踏み込む公安警察

何より許してはならないのは、教室にまで公安デカが突入し、学生を逮捕するという事態ではないでしょうか! そしてそれを積極的に呼び込む平林!

教室まで、研究室まで公安警察が−これは学問の死です。教室での授業や学生同士の会話や討論も、サークル活動の内容も、研究内容も弾圧されてしまう。大学の死です。こうやって戦争に進んでいったのが歴史ではないか。

安倍は教育基本法の改悪で、なんと大学教員の研修を国がやっていくと言い出した。大学教員の思想統制が始まる。教育基本法改悪と公安警察で大学を支配する、安倍の狙いが見え見えだ! 公安デカが執拗に法大を狙ってくる理由だ。この闘いには大学の未来がかかっている。法大教員は教育基本法改悪にどういう立場なのだ! 団結して闘う時ではないのか。学生を弾圧している場合なのか!

本日退学処分反対の声を上げよう

本日、停学中の久木野君と友部君に対しての「退学処分」のための事情聴取が行われようとしている。学生部よ、法学部教授会よ! 「退学処分」への手続きを、反対の声を弾圧して押し通す。これが大学のやることなのか!

みなさん! 団結して立ち上がれば勝てる。平林なんてぶっ倒そう。法大に自由を! 本日の事情聴取に向かう久木野君・友部君の激励にみんな集まろう!


   




▼カンパをお願いします!

郵便振替口座
 00130-3-336115
「新井君・友部君の裁判闘争を支える会」

郵便振替口座
 00130-0-575089
「3・14法大弾圧を許さない法大生の会」

▼メール
hosei_five(at)yahoo.co.jp

カレンダ
2006年11月
     
30    

アーカイブ
2006年 (297)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (73)
7月 (26)
8月 (3)
9月 (14)
10月 (48)
11月 (36)
12月 (45)
2007年 (264)
1月 (10)
2月 (6)
3月 (9)
4月 (11)
5月 (17)
6月 (30)
7月 (18)
8月 (4)
9月 (8)
10月 (58)
11月 (56)
12月 (37)
2008年 (1)
1月 (1)

アクセスカウンタ
今日:75
昨日:64
累計:1,403,311