公判報告・学生部猪脇がスパイ行為






[PR]



2007年10月03日(Wed)
公判報告・学生部猪脇がスパイ行為
 9月28日、東京地裁において、法大4・27弾圧裁判の3回目の公判が行われた。
 ここで、ビデオ撮影の証人として、学生部職員・猪脇和夫が証言台に立った。今回、東京地裁の法廷で、検察側の証拠とされたビデオが流されたが、この中身がとんでもないものだった。

●猪脇の住所は「法政大学」

 まず冒頭、弁護士から、「住所は?」と聞かれると、「千代田区富士見2−17−1」と答える猪脇。それは、法政大学の住所じゃないか! いきなり冒頭から「ウソ」をつく猪脇。法政大学の学生部に住んでいるというのか? そうでなければ、偽証罪だ!

●「情報収集をしていた」とスパイ行為を自認

 猪脇の撮っていた映像は、デモのようすやデモを見ていた学生の顔を撮っていたものばかり! 猪脇は、58年館の一室や廊下などから、「隠し撮り」をしていたのだ。ビデオの中で、「新しいヤツがいるんだ」「顔はハッキリ撮って」「正面向いた画像撮れてます」と言う猪脇や百瀬。要するに、外堀公園にいる公安刑事と同じように、学生部は学生を監視、スパイ行為を行っていることが暴露されたのだ! 猪脇は、「全学連と関連しているおそれのある学生なら、ビデオ撮影してもよいと指示をうけた」「情報収集活動をしていたと言えます」と猪脇自らスパイ行為を自認した。ビデオの会話からわかることは、猪脇の勝手な価値基準で学生の顔を撮りまくっているのだ。猪脇や学生部職員は、組織だって人権侵害を行っていたということだ。何が、「学生部の業務は、学生の活動の支援だ!」 一方で、サークルの予算は切り捨て、不満の声を警察と一体となって押さえつける、今やこれが学生部の「業務」になっているのだ。

●新井君の暴行場面は映っていない

 続いて、新井君の「暴行」場面とされる映像が流された。猪脇は、前回の主尋問で、新井君が安東学生部長の首をしめ、佐藤総務部次長を「投げた」状況を、目撃したかのような証言を行っていた。しかし、実際に猪脇が撮影した映像には、それとわかる場面は映し出されていない。あわてた猪脇は、証言を訂正し、何を根拠にそれを言ったのか、全く答えられなかった。

4/27昼、学内に公安警察が乱入!
友部君は、なんと逮捕前から公安刑事に身柄拘束されていた!


●友部君の逮捕は100%違法

 つづいて、友部君の逮捕される場面にうつる。しかし、画面に映っているのは、無抵抗な友部君を数人の教職員が取り囲み、手足を拘束している場面だった。そして、55年館1階の裏口方向の出口のあたりで、いきなり公安刑事が殺到。友部君は、教職員にかわって公安に身柄拘束される。友部君は、「なんで警察がいるんだよ!」と弾劾!要するに、「逮捕」と告げられる前から、友部君はいきなり入ってきた公安刑事に違法に身柄拘束されていたのだ。その後、学生部職員の近藤と頭が当たったという口実をもって友部君は逮捕されていた。
 こんなものは、暴行でも何でもない。よってたかって十数人の男たちが、友部君を拘束する映像ばかりだ。誰が警察をキャンパスに引き入れ、友部君を引き渡したのか? なんで公安警察がいるんだと弁護士につっこまれた猪脇は「警察を誰が呼んだかわからない」「おかしいと思います」と答えざるをえなかった。偽証罪をおそれた猪脇は、友部君の逮捕はおかしい、違法な身柄拘束であったと証言するに至った。この時点で、友部君の逮捕は違法なものであり、友部君は無罪なのだ。

●友部君に罵詈雑言を投げかける醜い猪脇

 さらに、映像からは、猪脇の許し難い姿が浮かび上がった。公安刑事に身柄拘束されるやいなや、猪脇は無抵抗な友部君に向かって、「最低なヤツ!」と権力にカサをきて罵詈雑言を投げかけまくった。
 逮捕後、公安刑事は無抵抗な友部君を地面に引き倒し、それぞれが片ひざに体重を乗せて踏みつけた。暴力をふるっているのは、明らかに公安刑事だ。息も出来ない友部君の様子を猪脇は、慌てもせず5分間も撮り続けていた。その中で、学生部職員・浅見と談笑し、「友部狂ってるな」「奴らと関わっちゃうと狂っちゃうんだよ」と敵意と差別感情むきだしにした言葉を吐いていた。こういうビデオ撮影を行っていたことそのものが、暴行ではないのか!
●猪脇、最後は泣き言

裁判長に、次回公判も尋問があると告げられると猪脇は「40分と聞いていたのに、今日は3時間も。こんな裁判ってあるんですか? こっちはドキドキしながら証言しているのに…」と泣き言を垂れる猪脇。自分が安全なところにいるときは強気だが、いざ矢面に立つと泣き言だ。
 次回公判は、10月12日(金)だ。猪脇の補充質問と学生部職員・百瀬の反対尋問が行われる。百瀬の撮ったビデオも公開される。おそらく大学当局も法大生に映像を見せまいと、大挙動員してくることは間違いない。法大生はみんな傍聴に駆けつけよう!


   




▼カンパをお願いします!

郵便振替口座
 00130-3-336115
「新井君・友部君の裁判闘争を支える会」

郵便振替口座
 00130-0-575089
「3・14法大弾圧を許さない法大生の会」

▼メール
hosei_five(at)yahoo.co.jp

カレンダ
2007年10月
  3
     

アーカイブ
2006年 (297)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (73)
7月 (26)
8月 (3)
9月 (14)
10月 (48)
11月 (36)
12月 (45)
2007年 (264)
1月 (10)
2月 (6)
3月 (9)
4月 (11)
5月 (17)
6月 (30)
7月 (18)
8月 (4)
9月 (8)
10月 (58)
11月 (56)
12月 (37)
2008年 (1)
1月 (1)

アクセスカウンタ
今日:4
昨日:104
累計:1,416,966