平林総長入院!?






[PR]



2007年10月15日(Mon)
平林総長入院!?
10・19第8波法大包囲デモで独裁者=平林にトドメさせ!



 平林総長が入院したようだ。法政大学ホームページの「総長ダイアリー」では、9月19日に常務理事会に出席して以来、何も書かれていない。9月27日の学部長会議には欠席し、堀江理事が総長を代行した。学内では、平林が入院したことが「公然の秘密」となっている。
 安倍政権と身も心も一体となってきた平林。安倍が労働者や学生の怒りで打倒され、安倍が入院したことで大ショックを受けたのだ。法大生の闘いは、独裁者=平林を事実上の「死に体」にまで追い込んだ。平林の辞任=打倒は、カウントダウンに入った。もはや、デコピンも必要ない!
 もはや、平林が強行した4人の退学処分・一人の無期停学処分など無効だ。学友会廃止や総長選挙廃止も無効だ。
 情勢の主導権は、学生が握っている。10月12日に行われた新井君・友部君の第4回公判では、新井君に処分を加えることが事前に計画されていたことが明らかとなった。2人の逮捕は、仕組まれた政治弾圧だった。法大生の怒りはさらに爆発だ! 平林体制は、腐りきっている。10・19第8波法大包囲デモで、命脈つきた平林にトドメをさせ!

平林の命脈はつきた! 学生が権力とろう!

 平林は、資本家階級の金儲けの役に立つ人間を育成することが教育などとぬかしてきた。学友会廃止で、サークル活動も全部つぶそうとしている。学生から奪った学費で監視カメラを設置し、ガードマンを雇って学生の闘いを弾圧してきた。平林は学生を人間扱いしなかった。金儲けの「道具」だと思っているのだ。ふざけんな!
 だが、平林の命脈はつきた。平林を入院に追い込んだ学生の怒りはハンパではない。もはや、平林が会長という学友会のあり方も学生の側から拒否し、学友会を学生が120%権力を握った戦闘的学生団体につくりかえよう。資本家階級のための腐った法大など一度ぶっこわし、学生が主人公の大学につくりかえよう。

人間解放の文化・芸術活動をやろう!

 学友会廃止を認めて、法大当局の「犬」となる奴隷の道など拒否しよう。当局に屈服する学生団体執行部を打倒し、処分を恐れず闘う執行部をつくりだそう!
 サークル活動も、闘う労働者階級による人間解放の闘いと結びついた文化・芸術活動をやろう。資本家階級のための腐った教育ではなく、労働者階級と共に生き、共に社会をつくっていく闘いに立ちあがろう。

11・4に結集して、未来をつかめ!

 資本主義社会の命脈もつきている。労働者階級の怒りの決起は革命に向かっている。沖縄での12万人大集会は、高教組や自治労といった労働組合が闘いを組織・牽引した。議会制民主主義といった枠を超えて、労働者階級のストライキ・デモ・集会といった直接の行動によって社会を変える時代がきた。沖縄では革命が起きている!
 沖縄に続いて11・4全国労働者総決起集会で、本土でも革命が始まる。しかも、韓国やアメリカの闘う労働組合も結集する国際連帯集会だ。ここに世界革命の展望と道筋がある。
 労働者の人間解放の闘いがここにある。学生にとっても生きる道がここにある。11・4に結集して、自ら未来をつかんでいこう!

学友会廃止ふざけんな! 大学の主人公は学生だ!
 平林総長、安東学生部長に怒りの一言!


★こんな補助金制度でやれるか! ふざけんなてめえら!!
★サークル補償をする気のない大学はいりません。
 大学の文化を何だと思ってるんだ!!
★学生は実力で法政を解放する!!
★この制度はあり得ん! サークルは学生のもの、奪うものではない!! 監視カメラを撤去しな!
★サークルは課外活動ではない!! 自主文化創造貫徹!!
★安東先生…この前の説明会の終わり際はそうとう感じ悪かっ たですよ。空気よもー
★そうやって学生部長が学生を扱うのでしたら、こちらもそれ 相応の対応をさせていただくことに決めました


   




▼カンパをお願いします!

郵便振替口座
 00130-3-336115
「新井君・友部君の裁判闘争を支える会」

郵便振替口座
 00130-0-575089
「3・14法大弾圧を許さない法大生の会」

▼メール
hosei_five(at)yahoo.co.jp

カレンダ
2007年10月
 
15
     

アーカイブ
2006年 (297)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (73)
7月 (26)
8月 (3)
9月 (14)
10月 (48)
11月 (36)
12月 (45)
2007年 (264)
1月 (10)
2月 (6)
3月 (9)
4月 (11)
5月 (17)
6月 (30)
7月 (18)
8月 (4)
9月 (8)
10月 (58)
11月 (56)
12月 (37)
2008年 (1)
1月 (1)

アクセスカウンタ
今日:4
昨日:104
累計:1,416,966