今すぐ釈放せよ!第8波法大包囲デモで反撃だ!






[PR]



2007年10月18日(Thu)
今すぐ釈放せよ!第8波法大包囲デモで反撃だ!




 10月17日、3人の学友が警察権力に不当逮捕された。私たちは、警察権力と平林総長を絶対に許さない! 警視庁は今すぐ3人を釈放しろ!
 3人の学友は、昼休みに55年館6階で、11・4全国労働者総決起集会への結集を呼びかけていた。そこに、安東学生部長や学生部職員・ウソつき猪脇和夫など6−7人の教職員が突入し、暴力的に教室から排除するとともに、110番通報した。
 土手公園で待機していた公安警察は、110番通報を受けて正門前に殺到。職員・佐藤友彦が公安警察の責任者を招き入れ、直後に10人弱の公安警察が学内に突入し(写真)、学生部職員から学友を次々と引き渡され、「建造物侵入容疑」をデッチ上げて学友3人を不当逮捕したのだ。
 警察権力と法大当局が一体となった政治弾圧、反戦運動弾圧だ! 絶対に許さない! 弾圧を行った安東など当局者は万死に値する!
 全ての学友は、10・19第8波法大包囲デモに立ち上がろう! 学友3人を取り戻そう!

学生や労働者の闘いに追いつめられて弾圧

 今回の弾圧は、11・4全国労働者総決起集会への結集を教室で呼びかけている過程で起こった。日本帝国主義が、11・4集会の爆発に心底恐怖していることが良くわかる。参議院選挙で労働者階級の怒りが爆発して安倍政権を打倒し、沖縄では12万人の県民大会が爆発した。今や、情勢の主導権は労働者階級が握っている。
 労働者や学生、農民の「生きていけない!」という怒りは、11・4集会で根底的に爆発しようとしているのだ。それは、議会制民主主義の枠など超えて、日本帝国主義を打倒する革命となって爆発しようとしているのだ。
 日本帝国主義は、法大当局と結託して、学友3人を不当逮捕し、何としても青年労働者や法大を先頭にした学生の闘いを圧殺しようと政治弾圧を行った。だが、こんなデタラメな政治弾圧は、法大生の怒りにますます火をつけるだけだ。

11・4集会に法大から大結集しよう!

 教室で、「学生や労働者を搾取して、資本家だけが金儲けする腐りきった今の社会を変えよう! 労働者や学生が人間らしく生きられる社会をつくろう! 11・4集会に結集して、格差社会をぶっ飛ばせ!」と訴えるのがなぜ悪いのか。今の社会を怒りを持って断罪し、「腐りきった社会を学生や労働者の怒りで変えよう! そのために11・4集会に結集しよう!」と訴えただけで、なぜ逮捕されなければならないのか! ふざけるな!
 今回の弾圧の一点で、こんな社会などぶち壊して当然だ! 言論の自由すらない法大など一度ぶち壊して、学生のための法大につくり変えよう!
 11・4集会は、労働者・農民・学生の団結で、世の中を変えようという集会だ。全国で今の社会に怒りを爆発させている労働者や学生、農民が大規模に結集する。11・4集会に法大から大結集しよう! それが革命だ。労働者とともに腐った社会をぶっこわして、新しい社会をつくりだそう!

 弾圧は、団結拡大のチャンスだ!

 今週月曜日からは、学友会廃止絶対反対の「のぼり旗」を掲げて、学生部前で座り込みを始める学友が出ている。法大では、「法政刑務所」という現実、学生を資本の奴隷にするための授業、学友会廃止によるサークル活動つぶし、総長選挙廃止などを行う平林体制に対する根底的な怒りが爆発し、平林を入院に叩き込んだ。
 追いつめられた法大当局は、警察に頼るしかないが、それは破産していることは、新井君や友部君の闘いによって実証ずみだ。法大生は、弾圧を団結拡大のチャンスとしてきた。
 10・19第8波法大包囲デモで、学友3人の不当逮捕を徹底的に弾劾し、3人を取り戻そう!


   




▼カンパをお願いします!

郵便振替口座
 00130-3-336115
「新井君・友部君の裁判闘争を支える会」

郵便振替口座
 00130-0-575089
「3・14法大弾圧を許さない法大生の会」

▼メール
hosei_five(at)yahoo.co.jp

カレンダ
2007年10月
 
18
     

アーカイブ
2006年 (297)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (73)
7月 (26)
8月 (3)
9月 (14)
10月 (48)
11月 (36)
12月 (45)
2007年 (264)
1月 (10)
2月 (6)
3月 (9)
4月 (11)
5月 (17)
6月 (30)
7月 (18)
8月 (4)
9月 (8)
10月 (58)
11月 (56)
12月 (37)
2008年 (1)
1月 (1)

アクセスカウンタ
今日:4
昨日:104
累計:1,416,966