1・2年生に処分策動






[PR]



2007年11月14日(Wed)
1・2年生に処分策動
親を使った転向強要許すな! 11・16デモが回答だ!



 連日キャンパス中央で「学友会廃止絶対反対」のぼりを掲げて座りこみをたたかってきた学友のうち3名に対して、新たな処分をねらった「呼び出し」がおこなわれようとしている。45人の逮捕者と三人の起訴、四人の退学に一人の無期停学というデタラメをやっておいて、「おかしい」と声をあげた学生にまで処分を拡大しようというのだ!
 「処分」をねらう理由は、彼らが「学友会廃止」や「拡声器使用禁止」など、法大当局が勝手に決めた「ルール」に意義を唱えたというただ一点だ。「長いものには巻かれろ」ではなく、自分自身の信念を貫いて行動するという姿勢に、支配の危機を感じ、あたかも封建領主のごとく、暴力的に圧殺しようというのだ。
 しかも親まで呼び出すという卑劣さ!公安警察が逮捕した学生のもとに親を連れてきて目の前で泣かせ、転向を迫るやり方と全く同じではないか。
 これを法学部教授会が担っていることは重大だ。日頃「憲法」などを語り、「総長選廃止反対」などといいながら、いざ学生が「大学のあり方はおかしい」と声を上げたとたんに「憲法なんて関係ない」「決定だから従え」である。どれだけくだらないんだ!
 当該の学友は次のように喝破している。
 「『民主主義社会の時代の構成員を育てる場』で、表現活動に規制をかけるのってタブーとして扱われている問題なんですが。まあ、学生はこの規則の作成に携わっていないので、従ったら認めたことになっちゃいますから、無視が妥当な判断でしょう。私は黙認だけはしないようにしたいと思います」
 処分など、学生がその「権威」に膝を屈する限りにおいてようやく「威力」を発揮するにすぎない。「処分、やれるならしてみろ!」ということだ。第9波デモを叩きつけ、支配の鎖を引きちぎろう! たたかって堂々と生きよう!

--<以下引用。法学部教授会の呼び出し文書>--

法政大学法学部長
 浜村 彰

面談への出席について


 貴君のキャンパス内の行動について、複数の教職員から授業妨害など度重なるルール違反があるとの苦情がよせられています。法学部では、このことを厳重に受け止め、貴君本人から事情を聞く機会を下記の通り設定しましたので、出席を求めます。なお、当日は保証人の方も同席するようにお願いしています。


   




▼カンパをお願いします!

郵便振替口座
 00130-3-336115
「新井君・友部君の裁判闘争を支える会」

郵便振替口座
 00130-0-575089
「3・14法大弾圧を許さない法大生の会」

▼メール
hosei_five(at)yahoo.co.jp

カレンダ
2007年11月
       
14
 

アーカイブ
2006年 (297)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (73)
7月 (26)
8月 (3)
9月 (14)
10月 (48)
11月 (36)
12月 (45)
2007年 (264)
1月 (10)
2月 (6)
3月 (9)
4月 (11)
5月 (17)
6月 (30)
7月 (18)
8月 (4)
9月 (8)
10月 (58)
11月 (56)
12月 (37)
2008年 (1)
1月 (1)

アクセスカウンタ
今日:75
昨日:64
累計:1,403,311